というわけで、前回から「しいたけ」をつくってるわけですが。
しっかし「しいたけ」って、見た目も地味だけど、語感自体が地味よねぇ。
ハンバーグっ
エビフライっ
ポテトサラダっ
しいたけぇぇぇ・・・

(書き方の問題じゃないか?っつう気もするが)

ともかく、にぎやかな場所は似合わないけど、その旨みで底力を発揮してくれるしいたけさん、さっそく縫い合わせていきます〜。

siitake_0.jpg

おにぎり、たくあん、ウインナ。
山登りで疲れた体には、これだけでもう充分なご馳走お弁当ではありませんか。

が、これで終わったらこのブログの存在価値がありません。
(価値を求めていたのか、つう問いかけはしないように。)
ここまでは前哨戦、さぁ、いよいよ本命のおかずっすよ。
存在感十分のハンバーグ、カラッと揚がったエビフライ、白い体をくねらせるポテトサラダ、etc
その中から今回選んだおかずは

いよいよおにぎりも最終段階となってまいりました。
真知子巻バージョン、ごま塩バージョンと続き・・・


失恋の辛さから逃けて、歩き疲れて棒のようになった足を引きずりながら、ようやくたどり着いた富士山の頂で食べたおにぎり。
ちょっぴり塩味がしたのは、おにぎりのごま塩だったのか、それとも知らぬうちに流れていた涙だったのか。
あの日食べたおにぎりは、ほろ苦い大人の味がした・・・。

えと、嘘ですから。

さて、おにぎりもバリエーションがあった方が楽しかろうと、3つほど作ってみます。


フエルトを型紙どおり切ったら、さっそく縫っていきます。
続きを読む >>


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

道具・材料とか

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM