ハンバーガーのストラップを作って、さぁ、今度はパン屋さんに戻るぞー
と思ったのですが、ストラップ見てたらどうしても作りたくなったものがありまして・・・

ハンバーガーときたら、やっぱフライドポテトが欲しいよね?

というわけで、次回作はミニフライドポテトストラップの予定。
まずは、ファーストフードでサンプル用を買ってこなくちゃ。

にしても、こんな調子じゃ、パン屋の完成はいつになることやら。

pan1.jpg

明けましておめでとうございます。
昨年9月に開設して、なんとなく続いているこのブログ。
素人手芸が果たして役に立っているのだろうかという気もいたしますが、今年もぼちぼち頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、上の画像は、今少しずつ縫い貯めているミニミニパン軍団です。
ラインナップは、食パン、アンパン、クリームパン、メロンパン、ウインナロール、モカドッグ、イチゴドッグ、バターロールの皆さん。
大きさは、アンパンで直径約3cm強。
500円玉より一回り大きい位です。
(チョキチクさんの定番パンミニ版の型紙を使用しています。)
まだまだ種類を増やして、パン屋さんを作るつもりなんですが、そろそろ飽きてきたんで、いつになることやら。

今大物を作ってまして、たぶん年内には完成しそうもなく、更新するネタもないので、今回はフェルト手芸について少し書こうと思います。
まだまだ初心者ですけど、これから始めようとされる方に少しは参考になるかなぁと。

≪フェルト≫
●100円ショップ
とにかく値段は安い。でも品質はそれなり。柔らかめで、目が詰まってないせいか、伸びやすく、端がほつれやすいので、小さいパーツの使用は要注意。また薄いのから厚いのまで品質が一定していない。ただし、そこらの手芸店には売っていない大きいサイズ(50cm角)があるので、弁当箱のように大きいのを作りたい時は、コストも抑えられて利用価値大。

●ロイヤルウォッシャブルフェルト
肌触り、目の詰まり方、ともに大変良い。色数も多く、発色もきれい。近くに売ってなく通販じゃないと手に入らない(私の場合)。ネットショップで買うという手もあるけど、私はヤフオクで買っている。送料はかかるけど、ある程度まとめて買えば、こちらで普通に手芸店で買うより安い。

●トー○イのウォッシャブルフェルト
目が詰まっていて固め、肌触りはイマイチ。そのかわり毛羽立ちしにくい感じなので、アップリケや、目などのパーツに良さそう。

≪針≫
最初100円ショップのを使ってたんだけど、針先は引っかかるし、針の後ろは指にささるし、どーも使いづらい。(品質にムラがあるのが100均クオリティなんで、たまたま私の買ったのが失敗だったのかもしれない。)で、メーカー品に買い直したら、やっぱり使いやすい。たいした値段じゃないので、メーカー品をお薦め。

≪糸≫
ほとんど100円ショップで調達。ちょっともつれやすいような気もするけど、なんせ24色入って100円っていうのは魅力。1色ずつそろえてたら何千円かかかるからね。そのうちよく使う色がなくなるんで、その分はメーカー品を買って補充。

≪ポリエステル綿≫
100円ショップで調達。

≪ハサミ≫
ハサミの切れ味はかなり大事。これもやはり100円ショップで調達。フェルト専用にしている。



Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

メールフォーム

道具・材料とか

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM