一番の難関、器が出来た事で、この後はサクサク進められると思ってた。

が、好事魔多し、このぴかり様がそんなに順調に行くわけがなかったわけで。

 

まず、カレーの色に難儀した。

カレーといえば何色を想像するでしょうか?

昔なら黄色、もしくは黄土色って感じでしょうか。

じゃがいも、人参、玉ねぎ、肉がごろごろ入った懐かしい味。

が、今は茶色、もしくは焦げ茶の野菜なしのレストランタイプのカレーを想像する方も多いでしょう。

実は我が家のカレーもこのタイプ。

そして、磁器焼カレーも(ネットの画像を見る限り)焦げ茶タイプなんです。

でも、焦げ茶のフェルトはあんまりカレーに見えないのですよね。

どっちかつと、ビーフシチューぽい。

カレーらしさを取るなら黄土色なんでしょうけど、悩んだ挙句、焦げ茶にしました。

 

次はチーズ。

これは薄黄色のフェルトを不定形な円形に切って、ところどころに肉が顔出して、全体に焼き目をつければいいはず。

と、出来たのがこれ↓

チーズの中の茶色は肉で、周りとところどころに焼き目なんだが・・・

どー見てもこれ、失敗だよね。

やり直し!

グレイ型宇宙人の顔じゃん。

やり直し!

もうどうしていいのかわからない状態におちいっているようです。

作り直し・・・。

もう焼き目はつけないことにしました。(ノ_-。)

そして、

やはり顔にしか見えません。

肉か?

肉の配置が問題なのか?


ポチしていただけたら嬉しいです!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ

ごくごくたまに販売しています。
minne ぴかフェルトギャラリーへ

 

 

「磁器焼カレー」ってなんか微妙なタイトルですが・・・

 

今回の駅弁シリーズ、当然ながらモデルとなる駅弁に寄せて作ってます。

なので、作る前に、商標権、意匠権など、問題がないか自分なりにちょっと調べました。

(場末の何の影響力もないブログですけど、一応ネットで公開するのと、もしかしてもしかしたら販売するかもしれないのでね。)

 

んで、基本的に問題になるのは同じジャンル同士(駅弁なら駅弁)みたいです。

ミニチュアで同じものを作っても、オリジナルの駅弁の売上などには関係しませんよね。

ただ、あくまでもネットで調べた範囲ですので、そのまま鵜呑みにするのはやはり不安があります。

 

なので、例えば「シウマイ弁当」は某駅弁の固有名詞に感じたので「シュウマイ弁当」にしたり、「牛タン」は一般的な名称だからOKとか、自分なりの判断でやってます。

あと、一番特徴の出る弁当の掛け紙を作りたかったのですけど、さすがにこれはデザインの著作権にかかわるのでアウトかなぁと諦めました。

(パロディ的な感じならOKなのかな?それなら作りたいのだけどな。)

 

というわけでの、

「磁器焼カレー」です。

忖度、お願いいたします。

 

有名磁器産地の器にチーズトッピングのビーフカレーを入れた磁器焼カレーは、牛タン弁当と同じく、いえ、それ以上に容器の重要性が高い駅弁です。

逆に容器がきれいに出来れば、成功を約束されたといっても過言ではないでしょう。←何様?

 

が、私、3次元を2次元にするような、立体的な思考が超苦手。

ネットのペーパークラフトのフリー型紙などを参考にしてどーにか出来たのがこれ。

もうちょっと有○焼っぽい柄にしたかったんだけど。(-"-;A

横から。

のりしろが小さいため、接着がすんごい面倒で、何個も失敗して、ようやく使えそうなのが出来ました。

(時々、私、何のためにこんな面倒くさい事やってるんだろうと思うよ、マジで。)

 

あとはカレー色のフェルトを丸く切って器に入れ、上に焼き目をつけたチーズを乗せるだけだから簡単だね、たぶん♪←大間違いでした・・・


ポチしていただけたら嬉しいです!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ

ごくごくたまに販売しています。
minne ぴかフェルトギャラリーへ

 

 

牛タンと付け合せの人参、漬物を入れて出来上がり!!

完成~~!!

容器探しに時間がかかりましたが、あとはわりとサクサクできました。


ポチしていただけたら嬉しいです!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ

ごくごくたまに販売しています。
minne ぴかフェルトギャラリーへ

 

 

人参。

 

キュウリと人参の漬物。

キュウリは皮部分を緑のサインペンで着色。

指先ででひねって形を不定形に。

付け合せ、出来上がり!


ポチしていただけたら嬉しいです!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ

ごくごくたまに販売しています。
minne ぴかフェルトギャラリーへ

 

 

茶色のフェルトの片面にボンドを薄く塗り、乾いてから薄くこさぎ、

フリーハンドで適当に丸く切り、茶色のペンで焼き目をつける。

このままだと平面的なので、指先で曲げて少し動きをつける。

ご飯の上に並べる。

よし、牛タンはできた!と。

次は付け合せ。

中央に乗せる人参と、透明の容器に入るお漬物を作ります。

(漬物の容器は、かしわめしの仕切りに使ったのと同じく、PC印刷用の透明ラベルを使用。)


ポチしていただけたら嬉しいです!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ

ごくごくたまに販売しています。
minne ぴかフェルトギャラリーへ

 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

メールフォーム

道具・材料とか

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM