次に作った、石焼芋屋さんのパーツはこれ。
imo10.jpg
ふぅぅぅむ・・・・果たしてこれは・・・

やっちまったな。

Comment
こんにちは。 >リアル感が難しいですね〜 そうなんですよね。 パンみたいに質感が似ているものだといいんですけどねぇ。まぁ、そこがフェルトの面白いところでもあるんでしょうが。 樹脂粘土はちょっと触ったことがありますが、リアル感を追求できるだけに、技術力が如実に現われるように思いました。 つまりうまい人とそうでない人の差が・・・・で、私には無理だと。(;´Д`) アクリル絵の具で線、なるほどですね。 ただ、我が家には今絵の具がないんですよ。 (リアカーの時は夏休みで家に持ち帰っていたのです。) シーズン終わりそうなんで、とりあえずあのまま使いますわ。(笑) -----
  • ぴかり@管理人
  • 2008/09/27 15:33
こんばんは。 フェールトはリアル感が難しいですね〜 その点「粘土」は色や形が自由自在でいいですよね〜〜〜と書店で本を見ていると感じます。 「まき」アクリル絵の具で少し線を 入れてみたらどうでしょうか? 他にはなかなかいい案が浮かびませんね〜
  • ぶぅふぅうー
  • 2008/09/26 22:45
おぉー、ご明察、そのとおりです。 わかっていただけてうれしいわ。 なかなか絵で描くようには作れませんね。 年輪の刺繍とか入れれば少しはらしくなるのでしょうが、そこまでする価値も・・・。(;´Д`)
  • ぴかり@管理人
  • 2008/09/26 21:47
こんにちは〜 お芋を焼く「まき」ですよね! まだ火がついていないのと 火がついたものと・・・。 「まき」難しいですね〜
  • ぶぅふぅうー
  • 2008/09/26 13:35





   
この記事のトラックバックURL : http://yokohan.picafelt.com/trackback/306

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

メールフォーム

道具・材料とか

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM