こんにちは、ほぼほぼ2週間ぶりですね。

 

えと、えと・・・

 

私は一体何を作ってたんでしょうか?

 

と、ブログをみると、そうか、羊毛フェルトで変な猫作って放置してたのか。

(ちなみに前回の化け猫さんは結局そのまんまです。)

他にも、駅弁とかミニパンとか中途半端に手をつけたまんまだったような気がいたします。

 

それぞれを入れた箱が山積みで、狭い部屋がさらに狭っくるしくなっております。

こんな状態では、子どもに「出したらちゃんと片付けなさい!」と説教もできません。

 

とりあえず、一番完成の近そうな、ちっちゃいパン屋さんシリーズを完成させましょう。

 

というわけで、今日は50%verのにぎやかし、「立て看板」を作りました。

 

本日の「立て看板」製作手順

1.クラフトバンドで看板を載せるイーゼルを作ります。

2.立て看板作り、まず、ネットで「パン屋さん 看板」で検索して、デザインの参考にします。

3.やっぱ、黒板だよな〜、手書きだよな〜と、チョークっぽいフリーフォントを探してダウンロード。

4.ソフトを立ち上げて看板作り。文字を入れて色変えて配置して・・・

5.パンの絵が欲しいよな〜と、パンのフリー素材を探していくつかダウンロード。

6.パンイラストを切り貼り加工して、看板に配置して印刷。

7.色がうまく出ず、プリンタをヘッドクリーニング&テスト印刷数回。

8.印刷してカット、イーゼルに乗せてみる。

9.なんかデカクね?と感じたので、3分の2の大きさにイーゼル作り直し。

10.看板も3分の2の大きさに変えて印刷。

11.再度イーゼルに乗せて、まぁ納得。

12.ブログ用に写真撮り。

13.ブログにアップ。←今ここ。

 

最初に作った看板。

 

小さく作り直した看板。

 

この、たいして手が混んでるように見えない立て看板作りに要した時間、3時間。

費用対効果ってどーなんだ?


ポチしていただけたら嬉しいです!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ

ごくごくたまに販売しています。
minne ぴかフェルトギャラリーへ

 

Comment
そーなの、そーなの!!
この看板も「天然酵母の石釜パン工房」の文字ピンク色を薄くしたり濃くしたり、パンの位置を微妙にずらしたりして5,6枚ほど印刷しちゃいましたわ。

おっしゃるとおり、他人様が見たら「どっちでもええやん」でしょうし、「もっとこだわらなあかんとこがあるやろ」って突っ込まれそうなんですけどね。(なんで大阪弁やねん)

「ヘタ」は重要ですよ!
ヘタがきちんと作られてると一気にリアリティが増しますもん。
だから鳥天国さんの食べ物はどれも美味しそうだったのか。
いや、本体もきれいに作られてて、特に桃、美味そうだったなぁ・・・じゅるっ!
  • ぴかり@管理人
  • 2018/03/22 21:07
ね、ホントもう、他人から見たらどうしてそこにそんなにこだわる?!ってとこに一日かけたりするよね〜。
私の場合は結構「ヘタ」にこだわります。ミカンとか柿とかの、アレです。で、本体の方はま、いっか、みたいなこと、よくありまっせ。





   
この記事のトラックバックURL : http://yokohan.picafelt.com/trackback/1221

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

メールフォーム

道具・材料とか

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM