前回、ボソッと呟いた駄菓子屋さんを実際に作るかどうかは置いといて・・・

 

とりあえず参考資料として駄菓子を買ってきた。

 

#駄菓子 #フェルト #見た目わかりやすい #カラフル #作りやすそう

 

で脳内検索したところ、ヒットしたのがこれ。

私のお子様の頃からありましたね〜、メガネ型のマーブルチョコ。

輪ゴムを通して顔にかけられる横の穴も健在っすよ。

同じタイプで丸い輪投げ型もあるけど、見た目インパクトあるのはこっちよね。

ただ、色が地味っつーか、おちついた色になってるような。

昔はもっと、着色料で色付けてますっ!!つうケバい色だったような気がするけど、食べるにはこちらの方が自然でいいね。

 

駄菓子だけあって値段は安く、近所のスーパーで税込40円くらいだったよ。

お子様もお気軽に買える値段ですわね。

でも・・・

なんか全体的に小さくない?

こんな小さかったっけ?

横幅12cm、いくらお子様用とはいえ、これをメガネに出来るの?

 

夫に「昔より小さくなってない?」と聞くと

「昔はチョコが8個ずつあったはず」と。

なんでチョコの数まで覚えてるんだよ?

と心の中で思いつつ数を数えると・・・あ!7個×2だ!

 

今まで隠していたけれど、実はこのチョコの正式名前はハイエイトチョコレートなのである。

つまり、エイト=8=チョコの数

なるほど、夫の証言はほぼ裏付けられたと言っていいだろう。

 

お子様の手の届く値段に据え置くには仕方ない事ではあるけど、お菓子をはじめ、気づくといつの間にか内容量が減らされているものが多いよね。

駄菓子よ、お前もか!

でも、カ○トリーマ○ムなんか、発売時(1984年)30枚が今じゃ20枚しか入っておらず、その上大きさもめっちゃ小さくなってしまってるのに、こちらは50年でチョコ2個減っただけと考えると頑張ってくれているのかも。

 

それはさておき、チク縫いするにはあまり小さくできないなぁ。

ちなみに50%縮小コピーでこれくらい。(下が現物ね。)

ミニチュアというほど小さくないし、かといってこれ以上小さくするとチク縫いじゃ難しそうだし・・・。

 

てゆーか

 

「ちっちゃいパン屋さん50%ver」を終わらせんとな、私。

 

※ここまで書いた後に思ったんだけど、名前の由来、そもそものめがねの形であるエイトってことなんじゃ?


ポチしていただけたら嬉しいです!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ

ごくごくたまに販売しています。
minne ぴかフェルトギャラリーへ

Related Entry
Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://yokohan.picafelt.com/trackback/1135

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

メールフォーム

道具・材料とか

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM