さて、何とか出来上がった<不思議の国のお菓子>
私、基本作ることが好きなので、出来上がった作品は次の制作費用にするために随時販売していて、今回のもminneに出品しました。
実は出品にあたってふと思ったんです。
「需要はあるのだらうか?」
いつも作っているお弁当セットはお子様のおままごと用に購入いただいてますが、この<不思議の国のお菓子箱>をもらった3歳の女の子が
「わぁ、チェシャ猫だぁ、かわいい〜!!あ、イートミークッキー?!これ食べてアリスは大きくなるのよね、前から欲しかったの♪」
と大喜びしてくれるとは思えません。
おままごとにならないとしたら、やっぱりインテリア的に使うものになっちゃいますが、不思議の国のアリスを好きな人&フェルト手芸を好きな人&インテリア雑貨を好きな人、すべて満たす最大公約数はいかほどなのか?
今までの中では一番コストもかかっているので、お弁当セットよりも価格は上げたい。
しかも、今回のは少し重量があって、定形外郵便の送料も上がってしまう。
何より、この作品がインテリア飾りになるほどの出来か非常に自信がないわけで・・・。

結果、ミニチュアパンを急遽作ってセットにしちゃいましたわ。

パンセットの内容。

※チョキチクフェルト様の型紙を使用しております。(一部オリジナルあり)

不思議の国のお菓子&ミニパンセット、欲しいと思ってくださる方がいらっしゃるといいなぁ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
ポチしていただけたら嬉しいです!!

minne ぴかフェルトギャラリーへ

9月3日にちらっと書いた、かな〜り悩んだお菓子箱のフェルト継ぎ目隠し用のリボン。
やっぱりアリスっぽいのがいいよねと、清水の舞台から飛び降りたつもりで購入しました。
(リボンの価格はまぁ普通なんだけど送料が同じ位かかっちゃうの)

届いたリボンは思ったより幅が広く、黒が強くて、うーん、ちょっとイメージと違ったかなぁ。
まぁ、幅も色合いもショップの商品説明どおりで、自分の勝手な見立て違いだから仕方ないけど。
てか、このリボン、2m単位の販売だったんで、残りの1.5m何に使ったらいいのか悩む・・・。

とにもかくにも、これで不思議の国のお菓子、完成と致します!

最後におねえさんは想像してみました。この自分の小さな妹が、いずれりっぱな女性に育つところを。そして大きくなってからも、子ども時代の素朴で愛しい心をわすれずにいるところを。そして、自分の小さな子どもたちをまわりにあつめ、数々の不思議なお話でその子たちの目を、いきいきとかがやかせるところを。そのお話には、ずっとむかしの不思議の国の夢だって入っているかもしれません。そして素朴なかなしみをわかちあい、素朴なよろこびをいつくしみ、自分の子ども時代を、そしてこのしあわせな夏の日々も、わすれずにいるところを。

不思議の国のアリス Alice's Adventures in Wonderland
ルイス・キャロル 著 翻訳: 山形浩


にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
ポチしていただけたら嬉しいです!!

minne ぴかフェルトギャラリーへ

中央にジャムが載っているクッキーです。

最初ブ○ボンのチョコが載っているクッキーをイメージして作ったんだけど、チョコチップがあるし、彩的にジャムにしました。
結構面倒でしたわ。
裏はこんな感じ。

もともとクッキー作ったことがなくて、試行錯誤して何とか3枚作ったけど、正直クッキー作りはもうお腹いっぱい。
ちょっと物足りない感もありますが、お菓子箱もそこそこ満杯になったので、アイシングクッキー15枚+普通のクッキー3枚で終了と致しま〜す。

<今回作ったクッキー>

※アイシングクッキーは、【C&C】ちいず☆るうむ(ハンドメイドブログ)の作り方を参考にさせていただきました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
ポチしていただけたら嬉しいです!!

minne ぴかフェルトギャラリーへ

カロリーが怖いけど、いただくととっても嬉しい大好きなお菓子の一つ、レーズンバターサンドです。

クッキー部分はなるべく縫い目を目立たせなくしたいので、こんな感じにしました。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
ポチしていただけたら嬉しいです!!

minne ぴかフェルトギャラリーへ

前回でアイシングクッキーを終え、今回からは普通のクッキーを作るんですが・・・
実はクッキーってほとんど作ったことがないのです。
ドールハウス風ケーキ屋さんで作ったのはミニチュアだから作り方は全然違うし。
あれこれ考えてなんとか作った、チョコチップクッキーです。

チョコチップは埋め込み式にしてみました。
裏はこんな感じ。

クッキーの色、もう少し濃い目のフェルトの方が良かったかなぁ?

にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
ポチしていただけたら嬉しいです!!

minne ぴかフェルトギャラリーへ

アリスのアイシングクッキー、ラストです。
今回もお話中には出てこない、イメージで作ったリボン。

白いレースの部分の縫い目がレースの模様っぽくて、今回作ったアイシングクッキーの中で一番気に入ってるの。
ま、偶然だけどね。

というわけでアイシングクッキーは15枚で終了。
それだけだと何となく物足りないので、普通のクッキーを少し足す予定です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
ポチしていただけたら嬉しいです!!

minne ぴかフェルトギャラリーへ

今回のは、アリスのお話の中には出てこない、イメージ的に作ったものです。

<傷だらけの白うさぎ>
ではありません。
アリスを不思議の国に誘い込んだ白うさぎをモチーフにしたぬいぐるみ
のつもりですが・・・
うーん、どうなんでしょう?
ぬいぐるみを模した縫い目が目立ちすぎ?

これ、右耳は顔の下、左耳は顔の上という風に縫い付ける順番とかも考えてやったんだけどなぁ。
その効果は全然出てなくって無駄な手間だったよ。(涙)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
ポチしていただけたら嬉しいです!!

minne ぴかフェルトギャラリーへ

アリスは、しばらく考えこんでキノコをながめていました。どっちがその両側になるのか、わからなかったのです。キノコは完全にまん丸で、アリスはこれがとてもむずかしい問題だな、と思いました。

不思議の国のアリス Alice's Adventures in Wonderland
ルイス・キャロル 著 翻訳: 山形浩

キノコです。

キノコの一方をかじれば大きく、反対側をかじれば小さくなれる、らしい。 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
ポチしていただけたら嬉しいです!!

minne ぴかフェルトギャラリーへ

「かみの毛、切ったほうがいいよ」帽子屋さんはアリスをすごくものめずらしそうに、ずいぶんながいことジロジロ見ていたのですが、はじめて言ったのがこれでした。

不思議の国のアリス Alice's Adventures in Wonderland
ルイス・キャロル 著 翻訳: 山形浩

帽子屋さんのかぶっている帽子です。

シルクハット、これは簡単だったわ〜。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
ポチしていただけたら嬉しいです!!

minne ぴかフェルトギャラリーへ

お庭の入り口には、おおきなバラの木が立っていました。そこにさいているバラは白でしたが、そこに庭師が三人いて、それをいっしょうけんめい赤くぬっていました。

不思議の国のアリス Alice's Adventures in Wonderland
ルイス・キャロル 著 翻訳: 山形浩

赤く塗られている途中のバラです。

ちなみにこれ、花弁を一枚一枚縫い付けたんですが、最初から大きなモチーフを縫い付けて、それに花弁の境い目を刺繍した方が楽だったなぁ、と後から思いましたです。
裏側はこんな感じ(葉を縫い付ける前の状態です)。
縫い付けた花弁の境い目がわかりづらかったんで、縫い付けた後境い目を茶色の糸で区切っていったのです。
二度手間、いえ、三度手間でしたわ。

実はこれの前に違うデザインで作ってたの。↓

元のイラストはいい感じのバラだったのに、私が作り始めたらだんだんとバラから遠くなり、なんかロールシャッハテストみたいになっちゃったので途中で断念して作り直しました。
※私、絵心皆無なので作品に使用する画像をネットで調達することも多いです。その場合はフリーかつ商用利用可・著作権表示不要の素材を選んでいます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
ポチしていただけたら嬉しいです!!

minne ぴかフェルトギャラリーへ

裁判所にくるのははじめてでしたが、本でよんだことはあったので、ほとんどなんでも名前がわかってアリスはとてもとくいでした。「あれが判事ね、おっきなかつらをかぶってるもの」 ちなみにその判事というのは、王さまでした。そしてかつらの上から王冠をかぶっていたので、あまり落ち着かなそうで、それがよくなりそうなようすもありませんでした。

不思議の国のアリス Alice's Adventures in Wonderland
ルイス・キャロル 著 翻訳: 山形浩

かつらの上の王冠です。

何でかつらかぶってるから判事なの?と調べたら、イギリスでは17世紀以来、威厳を保つために裁判官らに法廷での白いカツラ着用を義務づけているんだって。
そんなの、全然知らなかったわ。

ところで、今回のアイシングクッキーは、9月6日にも書きましたが【C&C】ちいず☆るうむ(ハンドメイドブログ)(ブログ村のフェルトカテゴリで1位常連の人気ブログです)で紹介されている作り方を踏襲させていただいており、その旨ブログ主のちいず様にご連絡したところ、何と拙ブログを過分なお言葉でご紹介くださいました。
正直言って私のは、ちいず様のとてもきれいなアイシングクッキーにはほど遠い出来栄えで、逆にちいず様にご迷惑じゃないかなぁと思ってるくらいで非常に恐縮ですが、暖かいご配慮に心より感謝、です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
ポチしていただけたら嬉しいです!!

minne ぴかフェルトギャラリーへ

やがて、テーブルの下の小さなガラスのはこが、アリスの目にとまりました。あけてみると、中にはとってもちっちゃなケーキが入っていて、ほしぶどうで「たべて(Eat Me)」ときれいに書いてあります。

不思議の国のアリス Alice's Adventures in Wonderland
ルイス・キャロル 著 翻訳: 山形浩

食べたアリスは3メートルの大女になっちゃうのでした。

一応文字は、ほしぶどうっぽくデコボコにしたつもりけど、全然効果が出ていないわ。
ドリンクミー作ったからこれもなきゃね、と作ったのに、苦手な文字はヘナチョコだし地味な色合いで見映えもイマイチ。
悲しい・・・。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
ポチしていただけたら嬉しいです!!

minne ぴかフェルトギャラリーへ

そしてびんの首のところには紙のふだがついていて、そこに「のんで(Drink Me)」ということばが、おっきな字できれいに印刷されていました。

不思議の国のアリス Alice's Adventures in Wonderland
ルイス・キャロル 著 翻訳: 山形浩

これを飲んでアリスはちっちゃくなるんですよね。

タグの付け方、逆が良かったな。英文が読みづらくなっちゃった。
ちなみにこの飲み物の説明によると、「チェリータルトと、カスタードと、パイナップルと、しちめんちょうローストと、トフィーと、熱いバターつきトーストをまぜたような味」だそうで、色も味もまったく想像つかないけど「チェリータルト」から濃ピンク色にしてみたわ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
ポチしていただけたら嬉しいです!!

minne ぴかフェルトギャラリーへ


お茶会の続き、ティーカップです。

昨日作ったのと合わせてみた。
縮尺が全然違う。カップ大き過ぎ!
まぁ、もともと適当なんであまり気にしてないけど。(←気にしてください)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
ポチしていただけたら嬉しいです!!

minne ぴかフェルトギャラリーへ

キチガイお茶会(A Mad Tea-Party)
おうちのまえの木の下には、テーブルが出ていました。そして三月うさぎと帽子屋さんが、そこでお茶してます。
 

不思議の国のアリス Alice's Adventures in Wonderland
ルイス・キャロル 著 翻訳: 山形浩

お茶会のティーポットです。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
ポチしていただけたら嬉しいです!!

minne ぴかフェルトギャラリーへ

「大変だ!大変だ!遅れてしまう!!」
時計を見て大慌てで走っていく白うさぎを追いかけて、アリスの不思議な物語が始まるのでした。

というわけで、白うさぎの懐中時計です。

文字盤をアップリケするついでに目盛をつけたよ。
それにしてもやっぱ、時刻の刺繍が下手だわ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
ポチしていただけたら嬉しいです!!

minne ぴかフェルトギャラリーへ

アイシングクッキー編トランプのラスト、ダイヤ。

出来はともかく、何とか4スート出来上がりましたわ。

なるべく手間かけたくなくて、少ない数ばっかり。(笑)
本当はジャックとかクィーンを作りたかったんだけどね、縦横30cm位ないと無理ですわ、私のアップリケ能力じゃ。

今回に限らず作ってていつも思うのは、同じに作るのが一番難しいってこと。
このトランプも、単純なダイヤなのに形がバラバラだもんね。
刺繍の数字や、クラブのアップリケなんて言わずもがな。
逆に言うと、きっちり同じに作れるのはしっかりした技術があってこそ、なんだろうなぁ。
そんな神の指が欲しいわ。

なんて愚痴りながらもアイシングクッキー、まだまだ続きます!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
ポチしていただけたら嬉しいです!!

minne ぴかフェルトギャラリーへ

アイシングクッキー編、トランプの続き。
ハート

クラブ

相変わらず刺繍がヘロヘロです(涙)。
あと、クラブが不恰好になっちゃったけど、縫い付けがちょー面倒で作り直す元気ナシ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
ポチしていただけたら嬉しいです!!

minne ぴかフェルトギャラリーへ

不思議の国のアリスイメージで、最初に作ったアイシングクッキーはトランプモチーフ。
理由は・・・シンプルで作りやすそうだったからです、はい。
はじめてのアイシングクッキーの出来栄えは・・・

び、微妙〜〜?
アイシングの部分とクッキーの部分の隙間が大きいし、刺繍もヘナチョコだし。(下書きがまだ残ってる^^;)
昨日書いたとおり、【C&C】ちいず☆るうむ様の作り方を真似させてもらってますが、技術の方は真似できないからなぁ。
実は技術以外にも大きく違うところが一つあって、それは中身のフェルトの厚み。
作り方では3mm厚を使ってあるんだけど、結構いいお値段でセコい私は2mm厚にしちゃったの。
結果、ちょっと貧弱になっちゃった。
【C&C】ちいず☆るうむ様、ごめんなさい!
でも、このまま突っ走るよーー!!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
ポチしていただけたら嬉しいです!!


前回、ほぼ完成の<不思議な国のアリス>をモチーフにした箱。
作ろうと思った時は何を入れるか考えてなかったの。
この入れ物に、さすがにおにぎりやアジフライは合わないよなぁ・・・
そーだ、お菓子が良いのでは!!
せっかくなんでアリスっぽいお菓子を入れたい。
でも、アリスっぽいお菓子って何だろ??
本に出てくる<私を食べてケーキ>なんてどんなケーキなんだよ、ってなわけで・・・
結果、見た目でわかりやすそうなアイシングクッキーにすることにしました。

実はお菓子類は、チョキチクフェルト様のカットケーキ位しか作ったことがない私。
おにぎりやケーキと違う、薄いクッキーの中身は何がいいんだろう?
側面は普通にかがり縫いでいいのかな?
あれこれ考えながらどこかにフェルトでの作り方がないかネットで調べたところ、ヒットしたのが
C&C】ちいず☆るうむ様のブログ
作り方をとても丁寧に画像付きで載せてくださってて、中身も縫い方も一発解決でした。

実はこちらのブログ、偶然にも今年4月14日にちらっとご紹介させていただいてたんです。
そこにも書いたけど、可愛いオリジナルキャラクターの、夢のあるデザインが一針一針とても丁寧に作り上げられてる素晴らしい作品達とその制作経過を披露されている大変人気のある本当に素敵なブログです。

その時は何にもご連絡せず勝手に書いちゃったんだけど、作り方を参考・・・つか、ほぼ真似した作品をブログに載せたりするんで、やっぱ一言ご挨拶とお願いをちいず☆るうむ様にコメントしたところ、大変暖かいお返事をいただきました。

というわけで、次回からはアイシングクッキー編でーす!!


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

メールフォーム

道具・材料とか

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM